全国の蔵元が集結

「白鶴錦に関する意見交換会」
レポート

「山田錦に優るとも劣らない酒米を生み出す」。
白鶴酒造は、その想いのもとに長い時間をかけ、
酒米「白鶴錦」を開発しました。
開発の根幹にあるのは、日本酒の業界を、
ひいては日本酒の「未来」を
輝かしいものにしていきたいという強い意思。

その意思は多くの賛同を呼び、日本各地の蔵元が、
それぞれの蔵で白鶴錦を用いた日本酒を製造するに至っています。
2018年夏、各地の蔵元が一堂に会し
「白鶴錦に関する意見交換会」をおこないました。

ページ
TOP