トップ > 企業情報 > 廃棄物の削減と適正処理

廃棄物の削減と適正処理

当社では廃棄物の分別収集を周知・徹底し、計量を継続しています。それによって産業廃棄物排出量は年々減少しており、高い再資源化率を維持しています。今後とも地球資源の有効活用と環境負荷軽減に努めてまいります。

官民連携「KOBE グリーン・スイーツプロジェクト」始動

官民連携「KOBE グリーン・スイーツプロジェクト」始動

東灘下水処理場において、未利用の地域バイオマス(生物資源)を活用し、再生可能エネルギー生産をめざすプロジェクトです。食品製造系(スイーツ)と木質系(グリーン)バイオマスのうちメタン発酵に好適なバイオマスを下水汚泥と混合処理し、バイオガスの増量や汚泥処理の効率化、温室効果ガスの削減をはかる実証事業です。(神戸市HP参照

当社ではこれまで、使用できなくなったお酒(廃棄酒)を産業廃棄物として処分していましたが、この「廃棄酒」を有効活用することができるようになりました。今まで費用をかけて廃棄していたものが、エネルギーとしてリサイクルされ、都市ガスに生まれ変わります。

PAGE TOP