トップ > 企業情報 > 沿革

沿革

寛保3年(1743)
材木屋治兵衛、酒造業開始
延享4年(1747)
酒銘「白鶴」命名
明治2年(1869)
大阪横堀に嘉納直売店開業
明治11年(1878)
白鶴の瓶詰酒(洋酒瓶利用)発売
明治18年(1885)
商標「白鶴」を登録
明治30年(1897)
嘉納合名会社に改組
明治33年(1900)
パリ万国博覧会に瓶詰酒出品、新ラベル使用
明治34年(1901)
「一升瓶詰」発売
明治42年(1909)
大連支店開設
大正3年(1914)
青島出張所開設
大正4年(1915)
東京支店開設
大正7年(1918)
神戸支店開設
昭和2年(1927)
灘育英会(現在の私立灘中学校・灘高等学校)設立
昭和4年(1929)
神戸市立御影公会堂建設に賛助
昭和9年(1934)
「白鶴美術館」開館
昭和10年(1935)
奉天支店・京城支店開設
昭和20年(1945)
戦災により酒造蔵の九割を焼失、敗戦により在外資産の全てを喪失
昭和22年(1947)
商号を「白鶴酒造株式会社」と改める
昭和27年(1952)
わが国で初めての鉄筋コンクリートの酒造蔵である「本店二号蔵」竣工
昭和39年(1964)
四季醸造工場「本店三号工場」竣工
昭和51年(1976)
ベルマーク教育助成運動に協賛開始
昭和52年(1977)

紙容器(ハクツルサケパック)発売

フランス、ボルドーワインの輸入販売開始

昭和54年(1979)

白鶴「生貯蔵酒」を業界にさきがけ発売

CI(コーポレート・アイデンティティー)システム導入

新シンボルマークおよび新スローガン制定

昭和57年(1982)
旧本店一号蔵を整備し「白鶴酒造資料館」開館
昭和59年(1984)
白鶴「まる」 発売
昭和62年(1987)
ドイツ、ライン・モーゼルワインの輸入販売開始
昭和63年(1988)
「本社屋研究棟」竣工
平成3年(1991)
超軽快造り吟醸「鶴姫」発売
平成5年(1993)
六甲の自然水仕込み「淡麗純米」発売
平成7年(1995)

阪神淡路大震災により、資料館及び木造蔵被災

「白鶴美術館新館」開館

平成8年(1996)
「第二貯蔵場(屋外貯蔵タンク)」竣工
平成9年(1997)
白鶴酒造資料館、復興開館
平成10年(1998)
白鶴「まる」 2L・3L発売
平成11年(1999)

ISO14001認証取得

「ミニグラス」シリーズ発売

イタリアワイン発売

平成12年(2000)

神戸支店と岡山営業所を統合して中・四国支店として開設

大宮支店を関信越支店に改称、併せて担当エリア変更

平成13年(2001)

東京物流センター開設

嘉納健二社長就任

「和風人」シリーズ発売

平成14年(2002)

関信越支店を東京支社へ移転

名古屋支店新社屋完成、営業開始

平成15年(2003)
海外営業部新設
平成16年(2004)
化粧品 ライスビューティー米の恵み 新発売
平成17年(2005)
HAKUTSURU SAKE OF AMERICA,INC. 設立
平成18年(2006)
化粧品事業部新設
平成19年(2007)

独自開発酒米「白鶴錦」品種登録

純米大吟醸「白鶴錦」発売

平成23年(2011)
ペットボトル入り清酒「白鶴サケペット」シリーズ発売
平成24年(2012)
「灘魚崎工場」竣工

PAGE TOP