トップ > 企業情報 > ニュースリリース > 2019年 > 「白鶴 サケパック まる 900ml、2L」が日経POSセレクションで「平成売上NO.1」に決定

ニュースリリース

2019年08月27日
「白鶴 サケパック まる 900ml、2L」が
日経POSセレクションで「平成売上NO.1」に決定

白鶴酒造の「白鶴 サケパック まる 2L」は、日経POSセレクションの"日本酒"と"紙パック入り清酒(1.8L以上)"の2カテゴリで、「平成売上NO.1」に決定しました。また、「白鶴 サケパック まる 900ml」は、"紙パック入り清酒(5合相当)"カテゴリで、「平成売上NO.1」に決定しました。
今後も品質管理に努め、皆様に愛される商品をお届けしてまいります。

日経POSセレクション平成売上No.1受賞酒「まる」.jpg

▼「白鶴 まる」とは
1984年(昭和59年)に発売され、現在もお客様に愛され続けているロングセラー商品です。当時は特級酒・一級酒と呼ばれる日本酒が主流で、アルコール度数15%台が一般的でしたが、それより若干低い13%台のマイルドタイプ日本酒として発売しました。ネーミングには、当時は日本酒や酒質に関連したものが当たり前でしたが、中身の良さを端的に表現でき、かつ覚えやすい「まる」を採用し、パッケージは他社と明確に差別化されること、ハレのイメージをアピールしたいことから、紙パックではまったく使用されていなかった「赤地」に白を基調とし、力強く墨字で「まる」をデザインするなど、ライフスタイルや嗜好の変化をとらえ、昭和から平成にかけて売り上げを伸ばしました。
「心をまるくする、心をつなげる一杯を、今日も。」をスローガンに、2015年(平成27年)には長年親しまれたロゴと○マークを初めてリニューアルし、2017年(平成29年)には、初めての酒質リニューアルで、「白鶴オリジナル酵母」と「麹四段製法」を採用することにより、「まる」ならではのすっと飲める軽快な口当たりはそのままに、さらなるうまみを実現させました。

▼「日経POSセレクション『平成売上NO.1』」とは
日本経済新聞社が独自に収集している全国のスーパーやコンビニエンスストア、ドラッグストアのPOSデータを収集した「日経POS情報」のデータベースを使って、平成の31年間にスーパーで販売された加工食品・飲料・酒類など日経が作成する約2,000の商品分類(カテゴリ)内で分類売り上げ1位の商品を取り上げるものです。

商 品 名   :白鶴 サケパック まる
商 品 特 長  :バランス良く調和したうまみが特長で、幅広い料理と
           の相性が良く、料理そのもののおいしさも引き立てます。
参考小売価格 :900ml/746円、2.0L /1,480円
(消費税別)
原 材 料 名  :米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール、糖類/酸味料
アルコール分 :13%以上14%未満
日 本 酒 度  :+1
酸   度   :1.2
アミノ酸度   :1.1

◇まるブランドサイト http://www.hakutsuru.co.jp/maru-club/


PAGE TOP