トップ > お客様相談室

その他の商品

ワイン

Q. ワインの賞味期間はどれくらいですか?
ワインには賞味期限はありません。しかし、ワインの種類により飲み頃が早いもの、ゆっくりと飲み頃がくるものがあります。一部の高級ワインを除けば、ほとんどのワインは、充分楽しめる状態で出荷されています。ただし、開栓後はなるべくお早めにお召し上がりください。
Q. ワインの保管方法を教えてください。
温度変化の少ない冷暗所で保管してください。
温度は15℃が理想で、30℃を超える温度や、極度に低い温度は避けてください。
冷蔵庫は温度と湿度が低すぎる上に、庫内の臭いも移るため、長期の保管には適しません。
コルク栓を使用している商品は、コルクが乾くと、密閉性が悪くなり、ワインが劣化しやすくなりますので、横に寝かせて保管することをお勧めします。
Q. 「グリューワイン」は温めて飲むワインですか?

「グリューワイン」は、ドイツ語で温めて飲む「ホットワイン」のことを指し、「グリューワイン」を温めて飲むことがドイツの冬の風物詩になっています。身体を温めるのには最適で、家庭でも屋外でも楽しまれる冬の代表的な飲み物です。温めたワインに、オレンジやレモンの皮、シナモンなどの香辛料を加えると、風味が一層引き立ちます。なお、常温や少し冷やしてもおいしくお飲みいただけます。

温め方
  1. 「グリューワイン」をコップなど他の容器に入れる。
  2. 電子レンジで温める(適温 50〜55℃)。

グリューワインの温め方

  • 電子レンジで温める際は、やけどに十分ご注意ください。
  • 電子レンジで温める際は、容器や加熱前の酒の温度、電子レンジの機種等の条件により、加熱時間の目安は異なります。ご使用の電子レンジの説明書を必ずお読みください。
  • 電子レンジでお酒を長時間加熱すると、お酒が突然沸騰し、お酒が噴出(突沸※)し、やけどやケガの原因となる恐れがあります。加熱時間には十分ご注意ください。
    • 液体を加熱すると沸点を超えても、沸騰を起こさない場合があり、これを過加熱状態といいます。
      過加熱状態にある液体に振動などの衝撃が加わると、突然激しく沸騰が起こります。この現象を「突沸」といいます。
  • 万一、加熱し過ぎた場合、すぐに取り出さず、しばらくの間放置してから取り出してください。
Q. 「グリューワイン」の開栓方法を教えてください。

ワインの栓には、従来のコルク栓の他に、樹脂コルクやスクリューキャップ(金属キャップ)を使用したワインが増えています。スクリューキャップには裾の長いタイプと短いタイプがあります。以下に裾の長いタイプの開け方をご紹介します。

開栓方法

裾の長いタイプ
  1. 一方の手でキャップのミシン目より下の部分を持ち、もう一方の手でボトルの底を持ちます。
  2. キャップを持った手を固定し、ボトルを時計回りに回します。
  3. カチッと音がしてミシン目が切れたらキャップを回して外します。

注意:ミシン目に手をかけると、手を切る恐れがあります。ハサミやカッターなどの器具は絶対に使用しないでください。

開栓方法 裾の長いタイプ

「グリューワイン」以外に
スクリューキャップ(裾の長いタイプ)を使用している製品

ピカルディ カベルネ・ソーヴィニヨン

ピカルディ シャルドネ

その他お問い合わせ先

  • 採用に関するお問い合わせ
  • ネットショップに関するお問い合わせ

お電話

078-856-7190

白鶴酒造株式会社 お客様相談室 (受付時間/土日祝日を除く9:00〜17:00)

お客様からいただきましたお電話は、内容を正確にうけたまわるため、録音させていただいております。

お手紙

〒658-0041 兵庫県神戸市東灘区住吉南町4-5-5 白鶴酒造株式会社 お客様相談室 宛

PAGE TOP