トップ > 採用情報 > 内定者の声

採用情報

内定者の声

内定者の声 内定者交流会について

就職活動というハードルを乗り越えて入社を決めた内定者が、課題や交流会を振り返り、リアルな意見を聞かせてくれました。

内定者交流会を行いました。

内定者同士の顔合わせや先輩社員との交流を目的に実施しました。内定者の自己紹介やアンケート作成に始まり、グループディスカッションも行いました。夜は懇親会でお酒を酌み交わし、絆を深めました。

「白鶴内定者観光大使がすすめる日本酒カクテル」を考えてもらいました。

年齢や環境によってお酒の飲み方は千差万別です。そこで、「白鶴内定者観光大使がすすめる日本酒カクテルを考案」というテーマを掲げました。内定者の出身地の特産品を使ったカクテルは、若い世代へ日本酒を広めていくためのヒントとなりました。また、SNS映えする日本酒の風景についても紹介し合いました。

2018年10月1日に
内定式を行いました。

内定式では社会人としての心の準備や白鶴社員になるに向けての心構えなどを確認しました。式後は「きき酒」に初挑戦!!夜には神戸で懇親会を行い、「内定」を白鶴のお酒でお祝いしました。

内定者に訊く 気になる就活Q&A

志望動機から就職活動中の想い、白鶴を選んだ理由など、
内定を手にするまでのアレコレを本音で語ります。

Q.志望企業を選んだポイントは?

  • その企業に愛着か持てるかどうか。愛着が持てなければ、胸を張って自社商品を売り出せないと思ったから。
  • 長い目でみて、自分のモチベーションを高く維持しながら働けるかどうかを重視しました。
  • 選考に選んだ企業の中から、社員の方々の人柄ややりがいを感じることができそうかなどの点を考慮しました。

Q.就職活動中はどんな点に気を付けていましたか?

  • 気持ちの切り替えと体調管理を気をつけていました。
  • 就職活動と研究を両立しないといけなかったので、どちらも上手く実行できるように計画的に取り組むようにしました。
  • 自分が生まれてからの「自分史」のようなものを書いて、自己分析をしていました。

Q.就職活動で嬉しかったこと

  • 面接が進むにつれて、自分が評価されていることを実感できたとき
  • 白鶴の面接の際、面接官の方が自分の今までの努力を認めてくれたこと。
  • 第一志望であった企業から内定をいただくことができたこと。

Q.就職活動で辛かったこととその対処法

  • 説明会や面接で毎日気を張っていたので、肩の荷を降ろすために適度にお酒を飲んで、オンとオフの切り替えを意識しました。
  • アルバイトとの両立が大変でしたが、乗り越えた先のことを考えて自分を奮い立たせていました。
  • 何社も説明会や選考に行くのは体力的にキツかったですが、昼食に美味しいものを食べたりして気分転換していました。

Q.就職活動中の方に向けてメッセージやアドバイス

  • 嘘をつかず、質問には正直に答えて欲しい、そうすれば自分に合った企業に巡り会えます!
  • 自分が何をやりたいのか、何に興味があるのかしっかり自己分析をすることが大切だと思います。
  • 目標をどこに設定するかで必要な努力も変わってくると思いますが、就活が人生を左右するイベントであることは変わりないと思うので、全力で向き合ってください。

PAGE TOP