ファッション

インテリアを涼しく

インテリアを涼しく感じる色に模様替えし、肌触りの滑らかなものにしたり、通気性の良い衣類などを着るようにする。

20代 男性

マイ水筒は必須!

お風呂上がりはバスローブを着て、顔やボディのクリームを塗ったりして、汗が引いてからパジャマを着ます。マイ水筒は必須。通気性の良い素材の服を選ぶことも。

30代 女性

涼しい素材のファッションで涼活

クールビズです。なるべく涼しい素材の服を着ることを心がけています。また、窓にヨシズをかけることや打ち水も行っています。窓の開け方も、なるべく風通しが良くなるように考えて開けています。

40代 女性

南国ファッションで涼活

タイパンツやアラジンパンツなどの日本より暑い気候のところのファッションを取り入れています。

30代 男性

肌に密着しない服を選ぶ

ベランダには植物、水をまく事。服はサラッと密着しないタイプを着る。 暑い時はあまり動かないことです。やはり冷たいものを飲むと体は冷えるのでそれも効果的です。化粧品はひんやりパックで。 家にいるときはほとんど風呂上がりしかクーラーを入れませんが、なんとか夏を過ごせています。

40代 女性

日本の伝統文化で涼活

夏の茶室をヒントに、部屋の目に入るスペースに涼しげな物、例えば、氷に似た硝子細工の小物やミニ観葉植物を置いたりする。玄関に朝顔を置き、縁側には風鈴、天気がよい日は窓を開けて風を部屋に通します。帰宅したらスグ入浴し、気に入った部屋着に着替えます。香辛料の効いた料理で汗をかくのもよいが、冷奴や茹でた後冷えたそら豆や枝豆やトマト、冷製パスタや冷やし中華など冷えた食材での食事をしています。

50代 男性

自然の風を取り込み涼活

家中の窓を開け放ち自然の風を取り込む。庭には地熱を抑える為に色々な植栽がある。服装は薄い生地を選び、食べ物については体温を下げる効果のあるものを好んで食べるようにしている。

40代 男性

シャキッと背筋を伸ばす

暑くても背筋を伸ばして颯爽と歩くようにしています。なので、下着や洋服の素材にもこだわり、涼感を感じられるものを意識して購入しています。

30代 女性

涼しさに慣れない涼活

常にあまり冷えた場所には居ないようにして、涼しさに慣れない様にしてる。 通気性や速乾性の有る物を出来るだけ着る。

40代 男性

外と内からダブル涼活

甚平を着て、手には団扇を持ち、冷酒と涼味薬味をふんだんに使った料理を食べて、外からと内からの両方向から涼しくして、涼活をしています。

40代 男性

淡色系ファッションで

洋服の色は、なるべく淡めの色を選んで、見た目から暑くない工夫。もちろん、素材も化繊は避け、綿や麻を選ぶようにする。 メイクも同様、爽やかなアイシャドーなどをチョイスしてみたりする。 真夏はカバンに保冷剤をしのばす。

40代 女性

冷感マットでひんやり

ベッドの敷マットを冷感マットにしています。汗をかいても気化熱で涼しくなるので、クーラーを使わなくても過ごせます。ほかには、首に巻くタオルも汗に反応して涼しくなるアイテムを使っています。

30代 男性