セミナーレポート

20180801

土用の丑の日は日本酒と鰻弁当に舌鼓!
江戸時代の酒と食文化を美味しく学ぶ

講師:江戸料理・文化研究家/時代小説家 車浮代氏

江戸料理・文化研究家で時代小説家でもある車浮代氏を講師に招き、「土用の丑の日」をテーマにセミナーを開催しました。江戸で親しまれた灘酒の歴史や、江戸庶民の食文化を代表する「江戸前鰻」の秘密をレクチャー。江戸時代から続く「土用の鰻」の風習に触れ、日本酒を片手に鰻を堪能していただきました。





【当日ご提供のお酒】
超特撰 白鶴 純米大吟醸 白鶴錦
特撰 白鶴 特別純米酒 山田錦
白鶴 上撰 生貯蔵酒




【セミナーの感想】
・車浮代さんのお話がわかりやすく楽しかったです。
・江戸時代がルーツの料理ってたくさんあるんですね。車先生のレシピ本も購入して作ってみようと思います。
・江戸前の原点など、大変興味深い話が拝聴でき有意義でした。職場でも、プチネタとして活用させていただきます。
・時間が足りないくらいでした。もっとお話を聞きたいです。
・江戸の酒、食文化が楽しく理解できました。
・うなぎ弁当も非常においしかった。

セミナーレポート検索

PAGE TOP