白鶴のあゆみ

江戸―大正

  • 1743年寛保3年

    材木屋治兵衛が酒造業を開始

  • 1747年延享4年

    酒銘「白鶴」命名

    酒銘「白鶴」命名
  • 1869年明治2年

    大阪横堀に嘉納直売店開業

    大阪横堀に嘉納直売店開業
  • 1878年明治11年

    白鶴の瓶詰酒(洋酒瓶利用)発売

  • 1885年明治18年

    商標「白鶴」を登録

    商標「白鶴」を登録
  • 1897年明治30年

    嘉納合名会社に改組

  • 1900年明治33年

    パリ万国博覧会に瓶詰酒出品、新ラベル使用

    パリ万国博覧会に瓶詰酒出品、新ラベル使用
  • 1901年明治34年

    「一升瓶詰」発売

  • 1909年明治42年

    大連支店開設

  • 1914年大正3年

    青島出張所開設

  • 1915年大正4年

    東京支店開設

  • 1918年大正7年

    神戸支店開設

昭和

  • 1927年昭和2年

    昭和酒造株式会社を設立

    灘育英会(現在の私立灘中学校・灘高等学校)設立

  • 1929年昭和4年

    神戸市立御影公会堂建設に賛助

  • 1934年昭和9年

    「白鶴美術館」開館

    「白鶴美術館」開館
  • 1935年昭和10年

    奉天支店・京城支店開設

  • 1945年昭和20年

    戦災により酒造蔵の九割を焼失、敗戦により在外資産の全てを喪失

  • 1947年昭和22年

    嘉納合名会社と昭和酒造株式会社を合併し、商号を「白鶴酒造株式会社」とする

  • 1952年昭和27年

    わが国で初めての鉄筋コンクリートの酒造蔵である「本店二号蔵」竣工

    わが国で初めての鉄筋コンクリートの酒造蔵である「本店二号蔵」竣工
  • 1964年昭和39年

    四季醸造工場「本店三号工場」竣工

  • 1976年昭和52年

    ベルマーク教育助成運動に協賛開始

  • 1977年昭和53年

    紙容器(ハクツルサケパック)発売

  • 1979年昭和54年

    CI(コーポレート・アイデンティティー)システム導入
    新シンボルマークおよび新スローガン制定

  • 1982年昭和57年

    旧本店一号蔵を整備し「白鶴酒造資料館」開館

    旧本店一号蔵を整備し「白鶴酒造資料館」開館
  • 1984年昭和59年

    白鶴「まる」 発売

    白鶴「まる」 発売
  • 1988年昭和63年

    「本社屋研究棟」竣工

平成―現在

  • 1995年平成7年

    阪神淡路大震災により、資料館及び木造蔵被災
    「白鶴美術館新館」開館

  • 1996年平成8年

    「第二貯蔵場(屋外貯蔵タンク)」竣工

  • 1997年平成9年

    白鶴酒造資料館、復興開館

  • 1998年平成10年

    白鶴「まる」 2L・3L発売

  • 1999年平成11年

    ISO14001認証取得

  • 2000年平成12年

    神戸支店と岡山営業所を統合して中・四国支店として開設
    大宮支店を関信越支店に改称、併せて担当エリア変更

  • 2001年平成13年

    東京物流センター開設
    嘉納健二社長就任

  • 2002年平成14年

    関信越支店を東京支社へ移転
    名古屋支店新社屋完成、営業開始

  • 2003年平成15年

    海外営業部新設

  • 2005年平成17年

    HAKUTSURU SAKE OF AMERICA,INC. 設立

  • 2006年平成18年

    化粧品事業部新設

  • 2007年平成19年

    東京支社ビル屋上で「白鶴銀座天空農園」プロジェクト開始

    独自開発酒米「白鶴錦」品種登録

    独自開発酒米「白鶴錦」品種登録
  • 2012年平成24年

    「灘魚崎工場」竣工

    「灘魚崎工場」竣工
  • 2015年平成27年

    「白鶴ファーム株式会社」設立

    「白鶴ファーム株式会社」設立
  • 2019年令和元年

    「Hakutsuru Sake of Europe Ltd.」設立